「マンションを買おう!」のどこで借りるか?のページです。

自分に合ったプランを調べて借りる銀行を決めましょう。

では、実際にどこで借りるか?を決める場合はどのようになるでしょうか?基本的に新築マンションに限らず、住宅を購入しようとするときはその不動産会社からほとんど「この住宅ローンがおすすめです」と案内があると思います。不動産会社が金融機関と提携している住宅ローンを薦めるからです。また、折込チラシとかでもよく、「頭金不要」「月々5万円台でマンションが買えます!」とかよく掲載されていると思います。ここまで読まれてきたからならお気づきになるかもしれませんが、引き込みの誘い文句になります。「頭金不要」ということは、借入金額すべてが、住宅ローンになるということです。基本的に借入金額が多く、支払期間が長くなれば、当然支払利息が高くなります。頭金なしでもお金を貸せますが、その分、支払う利息は多くなります。また、「月々5万円台でマンションが買えます」といった表現がある場合、気を付けておかなければならないことは返済条件になります。借り入れ条件が変動金利や固定期間2年ということになります。この場合は、当初の借入金利は低くなるので、一定期間が過ぎれば金利は上昇します。そこで返済条件=月々の支払条件は変わります。しかも、マンションの場合、管理費と修繕積立金があるので、月々に必要な額はもう少し高くなりますので注意しましょう。

健康のために必要なルテインの情報サイト

薦められるままに借りるよりも、各銀行のサイトや住宅ローンの比較サイトを見てみましょう。金利が上がらないとみるから変動金利で、当初の金利を低い分にし、その間に繰り上げ返済をして借入金を減らすこともあれば、全期間固定で支払プランを一定にしよう、とか考え方は様々です。何が自分によって有利な返済条件か、しっかりとライフプランと相談しながら決めましょう。

ローズの効果や効能について

このサイトならDHA EPAの成分情報などを知る事ができます。