「マンションを買おう!」のシミュレーションしようのページです。

多様な返済プランがあるので、柔軟に対応しよう。

実際に、返済パターンを組むときにどのようになるか?いくつか例を出しながら検討してみましょう。購入するエリアは考慮せずに、あくまで返済のシミュレーションです。比較しやすいように、すべて金利は全期間3パーセントで固定しています。(1)現在、30歳で年収500万円の会社員男性。妻1人こども2人(3歳、0歳)。貯蓄600万円で、3,000万円の3LDKマンションを購入、頭金を300万円、30年(ボーナス返済なし)、年利は全期間固定3パーセントで住宅ローンを組んだ場合 借入額は2,700万円で月々の返済額は10万3909円になり、年間の返済額は124万6908円となり、年収の約25パーセントで、総返済額は約4,364万円になります。(2)現在、40歳で共働き、世帯年収1,200万円の会社員男性。貯蓄3,000万円で、6,500万円の3LDKマンションを購入、頭金を2,000万円、25年(ボーナス返済なし)、年利は全期間固定3パーセントで住宅ローンを組んだ場合 借入額は4,500万円で月々の返済額は21万3395円になり、年間の返済額は256万740円となり、年収の約21パーセントで、総返済額は約6,401万円になります。(3)現在、35歳で年収700万円の会社員男性。妻1人こども2人(9歳、5歳)。貯蓄2,000万円だが、2人とも中学からは私立校に入れたいと思っているので、頭金は1,000万円に抑えたい。4,500万円の4LDKマンションを購入、30年(ボーナス返済なし)、年利は固定3パーセントで住宅ローンを組んだ場合 借入額は3,500万円で月々の返済額は14万7561円になり、年間の返済額は177万732円となり、年収の約25パーセントで、総返済額は約5,312万円になります。

これに管理費+修繕積立金が月々の支払いに加わります。これはあくまで目安ですので、最近は変動金利なら1パーセントを切る商品もありますし、様々なお得な金利がありますので、月々の返済プランは少し下がるかもしれません。これはあくまで目安です。各銀行や住宅情報サイトなどに、返済額、返済プラン、借り換え用のシミュレーションなどもありますので調べてみましょう。

健康のために亜鉛について知りましょう。

体のために必要なグルコサミンはこれ
グルコサミンの情報を特集します