「マンションを買おう!」の借りる目安と頭金は?のページです。

頭金が準備できるだけで返済負担は少なくなります

マンション購入の際、返済計画を建てると思いますが、返済金額や期間を短縮できる方法は、頭金を多くすることです。住宅資金の返済は月収の2〜3割の間で収めることが理想とされています。これを上回ってしまうようだと日々の生活にも影響を与えてしまいます。では、どのくらいの返済計画を持っていれば、いくらを目安に借りることができるかを検討してみましょう。最近は住宅ローンを提供している会社で返済シミュレーションを組むことができます。例えば、年収500万円の人が、金利全期間固定2.5パーセント、35年間元利均等返済、年収に占める返済負担率を30パーセントと仮定して計算すると借り入れ可能額3,500万円弱になります。これを金利3パーセントにすると、借り入れ可能額は3,250万円弱になります。また、金利3パーセント、返済期間を30年にすると、2,970万円弱になります。

このサイトでコエンザイムQ10を体のために生かす

では、上記の借入可能金額などを参考にして、返済プランをシミュレーションしてみます。では、3,000万円を借り入れて、金利3%の30年間固定金利で計算してみると、12万6481円を毎月返済し続けることになります。またこの際の総返済額は4,553万3001円となります。このケースで頭金を2割の600万円を用意したとして、2,400万円と同条件で借り入れた場合、毎月の返済額は10万1184円となり、総返済額は3、642万6523円になります。頭金を準備するだけで、毎月の返済額は2万5000円近く少なくなり、返済する利息も300万円近く安くなります。もちろん、頭金を用意すればするほど、返済利息は減るのでその分、月々の返済負担が小さくなります。各銀行のシミュレーションサイトで計算ができますので、いろいろな条件で調べてみましょう。頭金はしっかり用意して返済計画に臨みましょう。]※今回のローン返済プランは融資手数料、保証料を別扱いとしていますので、ローンに組み込まれる場合は返済額に変更が出てきます。

毎日の健康のために有益なビタミン情報がここにあります。

コンドロイチンの情報満載のサイトはこれ(URL